お好きな写真やキャラクターなどをドットに変換。簡単なステップでオリジナルデザインができます。

 

MacでSafariをご利用の場合は、初期状態では印刷ができません。
下記、設定を行ってからご利用ください。

●メニュー[Safari]→「ポップアップウィンドウを開かない」のチェックをはずす。

 

ドットシミュレーターを起動

下記、OSごとの注意点をよくお読みになってからご利用ください。〉

Macintosh

  • 「Safari」をご使用の場合、初期状態では印刷ができません。メニューの[Safari]→「ポップアップウィンドウを開かない」のチェックをはずすと印刷可能になります。
  • [全画面表示]時には、保存機能が使用できません。通常表示に戻してからご使用ください。
  • 「Safari」および「Firefox」をご使用の場合、[全画面表示]時には、[画像を読みこむ]機能が使用できません。
    通常表示に戻してからご使用ください。
  • シミュレーターをご利用いただくには「Flash Player 10以降」(無償)のインストールが必須となっております。ダウンロードはこちら
  • 印刷をするには「Adobe Reader 8以降」(無償)のインストールが必須となっております。ダウンロードはこちら

Windows

  • [全画面表示]時には、保存機能が使用できません。通常表示に戻してからご使用ください。
  • Firefoxをご使用の場合、[全画面表示]時には、[画像を読みこむ]機能が使用できません。通常表示に戻してからご使用ください。
  • シミュレーターをご利用いただくには「Flash Player 10以降」(無償)のインストールが必須となっております。ダウンロードはこちら
  • 印刷をするには「Adobe Reader 8以降」(無償)のインストールが必須となっております。ダウンロードはこちら

※上記注記は、Windows版(Internet Explorer 6,7、Firefox3)、Mac版(Safari3、Firefox3)で検証した結果となっております。

シミュレーター使用方法一例<画像を取り込んで下絵を作成>

STEP1 ドット絵のサイズを選択。

縫製品の都合上、製品によりドット数が一定ではありません。
厳密にドット数を合わせたい場合は、お手元の製品のドットをかぞえて 「カスタム」でドット数を入力してください。

サイズ選択一覧画面

絵型の便利な使い方

ドット絵のサイズ選択で「両端の半円部分を含む」サイズを選択し、
絵型ツールで同サイズ・方向の絵型を選択・配置することで
仕上がりをイメージしながらドット絵を作成できます。

※縫製品の都合上、実際の製品形状と絵型形状は差が生じます。
あくまでも仕上がり形状のイメージをつかむためにご使用ください。

絵型配置画面

絵型配置画面

絵型選択画面

絵型選択画面

 

STEP2 「画像を読みこむ」ボタンを押し、変換したい画像を選択。

変換可能画像形式は、jpg(jpeg)、gif、pngの3種類となっております。

ドット絵の再現性の高い画像、低い画像

(○) 単純な構図の写真、キャラクターなど
(×) 複雑な風景写真、集合写真など

※画像変換はイメージ通りに変換されるとは限りません。
変換後にイメージに近づくようにペンツール等で編集してください。

複雑な構図の写真

複雑な構図の写真

簡単な構図の写真

簡単な構図の写真

 

STEP3 変換範囲、色を指定し変換。

トリミングエリアはトリミング枠の点をドラッグして調節してください。 比率を変えずに大きさのみを変更する場合は4角の点をドラッグしてください。
色選択は使いたい色のチェックボックスにチェックを入れてください。

色選択画面

トリミング画面

 

STEP4 イメージと違う部分を修正。

「ペンツール」や「修正(白)」、「同じ色をまとめて変換」などを使い、イメージと違う部分を修正します。 その他のツールを使って文字や柄の追加もできます。

イメージと違う部分を修正

●絵型・文字ツール

シミュレーターに登録されている絵型や文字を利用することができます。 絵型・文字のアウトラインを参考にペンツールで塗っていきます。 また、シミュレーター上部にある『目』と『十字』のアイコンボタンは絵型や文字の表示、非表示、編集ができます。

テキスト入力画面

アウトラインを参考にペンツールで塗る

●スタンプツール

シミュレーターに登録されているスタンプを利用することができます。
パターン画の作画などにご利用ください。

スタンプツール

●同じ色をまとめて変更

ペンツールを選んで「同じ色をまとめて変更」ボタンを押し、作画画面上の変更したい色を選ぶと一括で変更することができます。

同じ色をまとめて変更

●保存機能

■新規保存(初めて保存する場合)
[保存する]→[作品名、ニックネームを入力]→[OKボタンを押す]→[URLを開く]→[お気に入り(ブックマーク)に登録]→[閉じるボタンを押す]

■上書き保存(同一のデータに保存する場合)
[保存する]→[上書き保存にチェックを入れる]→[OKボタンを押す]→[閉じるボタンを押す]
※作業中でも定期的に上書き保存することをお勧めします。

※お気に入りに登録せずに[閉じる]ボタンを押すと、保存先URLを呼び出せなくなりますので、ご注意ください。

※保存期間は更新より30日となります。

テキスト入力画面

アウトラインを参考にペンツールで塗る

※その他のボタン説明、使用方法はシミュレーターの「使い方」ボタンをご参考ください。

 

STEP55 「印刷する」ボタンを押し、プリントアウト。

印刷プレビューを確認し、プリントアウトします。

※MacでSafariをご利用の場合は、初期状態では印刷ができません。
詳しくはこちら

※印刷をするには「Adobe Reader 8以降」(無償)のインストールが必須となっております。ダウンロードはこちら

色選択画面

トリミング画面

インクジェットプリンターで出力した下絵にアクアテックで色を塗らないでください。インキの性質上、印刷部分が溶けて下絵やペン先が汚れる場合があります。
ペン先に汚れが付着した場合、ティッシュペーパーなどで拭き取ってからお使いください。

 

STEP6 専用ものさしツール(PDF)を出力し、専用ものさし(縦、横)を切り取ります。

シミュレーターで作成・出力した下絵の色は、仕上がりイメージです。製品にアクアテックで塗った色とは差異が生じますのでご注意ください。
印刷ボタンの上に専用ものさしツールのボタンがあります。原寸(100%)で出力してください。

※MacでSafariをご利用の場合は、初期状態では印刷ができません。詳しくはこちら

※印刷をするには「Adobe Reader 8以降」(無償)のインストールが必須となっております。
ダウンロードはこちら

専用ものさし

 

STEP7 本体に専用ものさしを両面テープなどで固定します。

生地の性質上、専用ものさしの目盛りとドットの間隔にはズレが生じます。
専用ものさしの継足し部分で微調整してください。

専用ものさしを両面テープなどで固定

 

STEP8 下絵を参考に指標に合わせて塗る。

塗る際のポイントなどはこちら

下絵を参考に塗る

シミュレーターに関するお問い合わせはこちら

製品内容および仕様などは予告なく変更される場合がございます。
また、本サイトの写真は実際の製品と異なる場合がございます。予めご了承ください。
このホームページに記載されている文章、画像、データ等の無断転用、転載をお断りします。

 

このページのトップへ戻る